MENU

眼精疲労の目薬

眼精疲労の目薬

 

眼精疲労には目薬は有効です。

 

ただし、市販の目薬には防腐剤が入っていますので、本当にいいのか?というところは個人差があるといえます。

 

防腐剤には下記のようなものがあります。

 

・塩化ベンザルコニウム
・ソルビン酸カリウム
・パラベン

 

これらの防腐剤には、角膜・結膜の炎症、アレルギーなどの症状を訴える人もいるため、市販の目薬を使用して目に何らかの異常を感じたという場合は、速やかに使用を中止し、眼科への受診をしましょう。ただ、防腐剤がすべて悪というわけではありません。防腐剤はまつげやほこりなどの開封後に入ってしまう雑菌から薬液を守ってくれる作用もあります。

 

常備薬として持っておきたい場合は保管が効かない眼科の目薬よりも適している場合があります。

 

ただ、眼精疲労から派生するような充血などの異常の場合は、防腐剤が入っている目薬よりも、良いのは眼科で処方される目薬を使うことです。

 

 

ここまでを前提として眼精疲労を軽減するために有効な成分とはどういったものがあるのでしょうか?

 

メチル硫酸ネオスチグミン

毛様体と呼ばれる場所をほぐし、ピント機能の調整機能を回復させる作用があります。まさしく疲れ目にはうってつけの成分といえます。パソコン疲れ、スマホ疲れなど同じ場所を一点に見ている場合にはこの成分が役立ちます。

 

ビタミンB12,ビタミンB6

毛様体筋や末梢神経に作用して目の疲れの改善を促します。

 

アミノ酸(タウリン、L-アスパラギン酸カリウム、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム)

新陳代謝を促し傷ついた眼細胞の回復に役立ちます。

 

充血、ものもらいなどは医者の薬を使うのがベター

医薬品としても市販されているものもらい、充血の薬ですが、血管収縮作用などで自然に治ろうという力を抑えるものも配合されています。充血が続いたり、ものもらいはお医者さんで診断の上で処方されたものを使うのがいいでしょう。

 

眼を大事にするための栄養分をとっておく

疲れ目には目薬よりも目の疲れの原因を作らないようにするのが一番ですが、眼精疲労になりにくくするように栄養をとっておくことも有効です。眼を酷使する人はうまく活用してみてはいかがでしょうか?

 

関連ページ

目の疲れの原因は?
目の疲れの原因にはどんなものがあるのでしょうか
眼精疲労の解消法
眼精疲労の解消法をご紹介します。